利息なしで借入したい人にオススメのサービス

利息なしで金融機関からお金を借りるのは不可能に思えてしまうかもしれませんが、実際そんなことはありません。金額や借りる期限に制限があるとはいえ、利息なしで借りることは十分可能です。

 

取り急ぎお金を用意しなければいけないときに、金利のことをあれこれと考えたくはないはずです。それなら利息なしでお金を借りるのが、最も合理的なのは言うまでもありません。

 

利息なしでお金を借りるのにまず検討してみてみたいのは、レイクの無利息サービスです。レイクの場合、初めて利用する場合に限って無利息サービスが適用されます。その無利息サービスは2つタイプがあるのですが、わかりやすいのは30日間無利息のサービスです。

 

これなら30日間に限り利息なしでお金を借りられますので、30日を超過さえしなければ金利のことは一切気にすることなくお金を借りられます。まさに借りる側の求めていた利息なしの借入ですので、これなら利息を何とかしたいと思っている人にとってピッタリの画期的なサービスです。

 

レイクは新生銀行のサービスですので、借入に対する信頼感についても問題ありません。利息なしで借入できる代わりに何かしらのデメリットがある、というわけではないのです。

 

それなら利息のことをはじめとした借入について不安に思うこともないですし、とてもすっきりとした形でお金を借りることができます。ですので、もしも利息なしにこだわって借入をしたいなら、まずはレイクで借りるのを検討するのがオススメです。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険を担保にしてお金を借りることは可能です。
ただし借りることができる生命保険の種類は限られています。まず生命保険を解約した場合に解約返戻金がもどってくる契約に限られます。

 

契約者貸付制度といい、解約返戻金の7割から9割ぐらいの金額を借りることができると思います。
この契約者貸付制度のいい点は、お金を借りても借りたお金と利子を返済をすれば、生命保険の契約自体は有効のままになります。

 

お金がないから生命保険を解約した場合、お金は手にはいることになりますが、生命保険は解約をしたことになりますので、当然保障はなくなります。
同じ条件で生命保険に入りなおすという手段もありますが、契約者貸し付けが可能なぐらい解約返戻金がある生命保険ですので、当然ある程度の年数は加入していたことになります。

 

新たに加入する場合は、その時の年齢で加入となりますので、同じ条件の生命保険に加入をしようとしたとしても、保険料は今はらっている保険料より高くなる場合がほとんどだと思います。

 

もう一つのメリットはお金を借りる方法として、カードローンなどがあると思いますが、カードローンなどで借りた場合より貸付利率などが安い場合がほとんどだと思われます。

 

契約者貸し付けを利用する方法は、生命保険の証券番号をその生命保険会社に契約者貸し付け制度を利用すると連絡して必要な書類を記載、提出必要な書類(身分証明等)を用意して保険会社に提出するば手続きは完了します。書類等に不備がない場合は1週間ぐらいで貸付金が振り込まれてくると思います。

 

貸付金を返済したい場合は保険会社にその旨を伝えれば、銀行のATMやネットバンキングもしくは保険会社に持参するなど返済方法を教えてくれると思います。

生活に困った時は市役所からお金を借りることができます

どうしても生活に困った時には、市役所(地域によっては区役所など)の生活福祉資金制度を利用することを考えてみましょう。これを利用するには条件がありますが、場合によっては無利息でお金を借りることができます。

 

この制度を利用するには、低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯のいずれかに該当することが条件です。低所得世帯とは、原則的に住民税が非課税で、且つ銀行や金融業者を利用するのは難しいと判断された場合です。

 

高齢者世帯は65歳以上の高齢者が医療費や介護費用に利用する場合になります。障害者世帯は障害者手帳の発行を受けている人がいる世帯のことで、それぞれの条件によって利用できる生活福祉資金の種類が違います。

 

生活福祉資金には主に3つの種類があり、低所得者が利用できる総合支援資金、高齢者や障害者の為の福祉資金、そして、子供の進学や教育の為に使う教育支援資金に分かれています。低所得者世帯で子供の教育の為に必要な場合は教育支援資金が利用できます。

 

この生活福祉資金を利用するには、まずは市役所の福祉課に相談を行ってください。申込みができる条件だと判断された場合、必要な書類を用意して申込みを行います。

 

申込みから2週間~1ヶ月程度の時間が掛かりますが、市役所の人に相談をして申込みが行えた段階で、まず借りられないといったことはありません。利用できる資金の種類によっても違いますが、単身世帯の場合は15万円まで、同居の家族が居る場合には20万円まで借りることができます。

 

また、借りたお金には利息が掛かりますが、年利1.5%という低金利で利用できます。連帯保証人を付ける場合は無利息になるので、それを頼むことができる親戚などが居れば是非お願いしてみてください。

 

特に収入面から銀行や金融業者からの借り入れが難しく、生活に困ってしまった時には、一度市役所でこの生活福祉資金制度について相談してみることをおすすめします。

ゆうちょ銀行でもお金借りられる?もちろんです

ゆうちょ銀行も名前のとおり銀行なので、もちろんお金を借りることができます。
いくつかのパターンがありますが、もしゆうちょ銀行に口座を持っていて「財形」「財形年金」「財形住宅」などの定期貯金などしている場合は「定額貯金を担保にした自動貸付」があります。

 

これは貯金残高の90%までの範囲で最高300万円までとなっています。利子は返済時における約定利率に0.25%上乗せしたものです。
財形関連の貯金が無くても総合口座があればお金を借りられます。これは「貯金担保自動貸付」とも呼ばれるもので、総合口座において、残高を超える払い戻しが行われた場合、自動的に不足分を貸し付けるものです。

 

よく銀行の総合口座に設定されているカードローンのようなものだと思えばよいでしょう。借りかたや返済方法もATMなどが利用できるところからもカードローンと同種と考えてよいのではないでしょうか。ゆうちょ銀行も民営化後は他の銀行とそれほど違わないのがわかります。

 

そのほかにも郵便局などで購入した個人向け国債・利付国債を担保にしてお金を借りることができます。 この辺はちょっと敷居が高いかもしれません。
驚くことに、ゆうちょ銀行には「個人向けのフリーローン」まで存在しているのです。ゆうちょ銀行のフリーローンは、自動車、結婚、教育、介護、スキルアップなど生活に応じた目的の各種プランを設けています。

 

このローンは目的に合わせて融資されるものですが、実は最近になって巷のカードローンといえる「したく」という個人向けフリーローンまであるのです。これはスルガ銀行とゆうちょ銀行との共同で運営されている個人向けカードローンです。
という風に民営化後のゆうちょ銀行は巷の一般銀行と同じように普通にお金を借りることができます。

健康保険証から知り得る情報でも充分認められています

消費者金融や銀行カードローンでは一般的に、正社員でも非正規社員でも、定期的に収入がある人が本人確認書類を提示して、それを元に職場に在籍確認をして大丈夫だと判断されれば審査は通ります。

 

50万円以上の場合は収入証明書が必要になりますが、50万円以下と少額の金額であれば、本人確認書類のみで審査を受けることができます。本人確認書類としては、顔写真がある運転免許証とパスポートと学生証、近年では顔写真入りの住民基本台帳カードの代わりに顔写真入りのマイナンバーカードも本人確認書類としての効果があるようですが、健康保険証だけでも50万円までの融資ならば可能となっています。

 

健康保険証から得られる情報は多くあり、名前・生年月日・勤務先の名称・資格所得年月日や交付年月日が記載されているため、そこから勤続年数の確認もとれるので、運転免許証や収入証明書に次ぐくらいの効力を持っていると言われています。

 

しかし、健康保険証は顔写真が載っていないため、誰かが自分に成りすましてお金を借りる被害も多発しているので、今は本人確認書類として単独でも有効ですが、未来的には単独での証明は難しくなる可能性もあるので、運転免許証を持っていないのであれば、市役所で顔写真入りのマイナンバーカードを発行しておいたほうがこの先便利だと思います。

 

同じ健康保険証でも、サラリーマンが持つ社会保険証・組合保険証・船員保険証のほうが、自営業者や学生やアルバイトが持つ国民健康保険証よりも効力としての立場が上であるとされています。

消費者金融からの借り入れは返済日数を考慮するべき

すぐにお金が必要となったときに多くの人が利用するのが、消費者金融からの借り入れです。その理由は審査を素早くに行ってもらうことができ、場合によってはお金をその日に貸してもらうこともできるからです。

 

まず審査はインターネットを通して行うことができます。そのためインターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも審査を行うことができます。そして審査をパスすることができれば、お金の受け取りは最寄りのATMでも行うことができます。

そのため消費者金融に赴く必要はなく、比較的簡単にお金を手にすることができます。

 

しかし消費者金融は利率が高いことで知られています。この点がネックとなり、今一歩踏み出すことができないという人もおられます。ここで考慮すべきなのは消費者金融の利率は全額返済までにかかった日数に比例して高くなるということです。もう少し詳しく述べるなら、決められた利率に返済までにかかった日数が掛けられ、それが利息となるわけです。

 

そのため全額返済までにかかった日数が少なければ利息の支払いは少なくて済みます。また極端な話、借りたお金をその日に全額返済してしまえば、利息を支払う必要はないのです。こうしたことを考えると、お金が必要となる直前に消費者金融の審査を行い、借り入れを行うことで利息の支払いを少なくすることができます。

 

そのため返済までにかかる日数をきちんと計算すれば、諸費者金融からの安心してお金を借りることができるのです。

楽天スーパーローンはインターネット上で全ての手続きができます。

楽天銀行スーパーローンは銀行のカードローンなので、消費者金融のカードローンにはないメリットがあります。
消費者金融の場合は、貸金業法の総量規制があるため、カードローンに申し込めるのは「20歳以上で安定した収入がある人」に限られています。

 

銀行は総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦でも楽天銀行スーパーローンを利用できます。利用限度額は最大で50万円に限られていますが、配偶者の収入証明書や同意書などの提出不要で借りられるので、主婦にとっては利便性の高いカードローンです。

 

全体的に、楽天銀行のカードローンは、申し込みの際の必要書類の提出基準が一般の銀行よりも緩めです。借り入れ希望金額が300万円までなら、収入証明書の提出は不要です。

 

申込みから、借り入れ、返済まで、全てインターネット上で手続きできます。本人確認の書類等もスマートフォンで撮影して、アプリを使って送信するようになっているので、インターネットに慣れている人なら、申込みの際の面倒な手続きがかなり省けます。

 

消費者金融よりも金利が低いのも大きなメリットとなっています。
借り入れの際は、指定の銀行に振り込まれるようになっていて、また、返済の際は、口座からの引き落としなっていますが、どちらも楽天銀行の口座でなくてもOKです。スーパーローンは楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めます。

 

楽天銀行を利用するとスーパーポイントが貯まる、あるいは口座を開設してすぐにスーパーローンを利用するとボーナスポイントが付与される等のメリットがあるので、口座開設を検討してもよいと思います。

WEB完結利用で在籍確認は避けられる!?

消費者金融・銀行のカードローン、どちらもネックは勤務先への在籍確認になるでしょう。
在籍確認とは、審査申込者本人が、本当に入力した勤務先に勤めているか電話連絡で確認する方法です。

 

この際に、貸金業者は決して社名や在籍確認の旨は口にしませんが、勘の良い職場の事務員の方にはバレてしまうリスクがあります。そのため、なるべく在籍確認は避けたいと考える申込者が多くなりますが、大半の貸金業者では残念ながら在籍確認を実行していることが現状です。

 

しかし、実は一部の貸金業者であれば在籍確認を避けられるかもしれません。
その方法は、WEB完結という審査申し込み方法を行っている貸金業者になります。
WEB完結とは、審査申し込みから契約(または借入)まで完全にWEB上で完了する方法です。

 

スマートフォンやパソコンを所有している方で、インターネットに接続できる環境下であれば、特に難しい条件なく利用することができます。
WEB完結を利用する際に、対象の貸金業者に事前に電話連絡し、職場への在籍確認をやめて欲しい旨を伝えましょう。
そのうえで、対象の貸金業者が了解してくれれば、在籍を証明できる書類の提出が求められます。

 

提出書類は、社会保険証や給与明細書等で、スマホ等で撮影したうえで指定の方法で提出すれば、在籍確認を回避できます。
ただし、上記の方法はあくまで一部の貸金業者でしか対応しておらず、上記の方法で完全に在籍確認を避けられる貸金業者は消費者金融のモビットくらいしかありません。

「水商売」の方でも審査が通れば借りれます。

職種が水商売だからという理由だけで、お金が借りれないという規定は設定されてないと思います。業種として収入が不安定な点や転職率が高い点などは、過去のデータに基づいた与信基準上において減額となるケースはあります。

 

また水商売という職種を消費者金融の各企業の与信基準が、どのカテゴリーに分類しているかにもよります。「飲食業」として分類している企業もあれば、「風俗業」として分類している企業もあるからです。

 

与信基準では勤務年数や自宅が持ち家か賃貸かなども審査の対象になるのです。また、勤務先での電話による在籍確認等も審査上必要となります。大手の商社に勤務して3か月の方とスナックに10年間勤務されている方を比べた場合後者の方の方が信用度は高いと思われます。

 

頭から「水商売」だからと自分の職業に引け目を感じずに、一労働者として申し込まれてみてはいかがでしょうか。希望する金額が、50万円以下であれば提示する書類も免許証や保健証などで申し込めます。但し、他社での借り入れがあったり支払いの遅延があったりする場合は希望される金額を借り入れできなかったり借り入れできないケースもあると思います。

 

また「水商売」を経営されている方の場合は、確定申告書など収入を証明する公的な書類が必要になるケースもあると思いますので事前に消費者金融の問い合わせ窓口へ確認されてみてください。無人機の方が気楽に申し込めると思われがちですが、窓口で受け付けてくれる消費者金融もありますので納得いくまで相談されるのも一つの手段としてお奨めします。

民間の金融機関よりも公的融資を考えてみては

漁師でもお金を借りられるかと心配している人もいますが、基本的にカードローンやキャッシングならば「毎月安定した収入がある人」で過去にトラブルを起こしたことがなければ、まず借りられると思って良いでしょう。

 

漁師といってもタイプがあり、「漁業を営む会社で正社員として雇用されているサラリーマン漁師」と「自分で船を持っている、いわゆる自営業漁師」の2つがあります。
サラリーマン漁師である場合には、毎月安定した収入があれば、普通のサラリーマンと同じでカードローンやキャッシングに申し込んでも問題はありません。
申し込みの際には「源泉徴収票や給与明細など収入を証明できるもの」が必要となります。

 

自営業漁師になると、審査も若干厳しくなりますが、不可能ではありません。
申込みの際には「確定申告書」が必要になります。

 

また、融資を受ける理由が生活費であれば上記の様に民間の金融業者に頼るしかありませんが、新漁業用機器を整えたいという理由ならば自営業であると思えますので、公的融資を受けることも考えては如何でしょうか。

 

融資の対象となるのは、自営業の個人や法人、漁業組合などで、漁船の取得や修理費、リース料から網の調達資金まで利用できます。
返済期間は内容により異なり、担保や保証人は応相談となっています。

 

民間の金融機関よりも金利が安く、融資金額は、事業費の総額に対しての定められた割合で算出されます。
詳しくは農林水産省のホームページを参照すると良いでしょう。