WEB完結利用で在籍確認は避けられる!?

消費者金融・銀行のカードローン、どちらもネックは勤務先への在籍確認になるでしょう。
在籍確認とは、審査申込者本人が、本当に入力した勤務先に勤めているか電話連絡で確認する方法です。

 

この際に、貸金業者は決して社名や在籍確認の旨は口にしませんが、勘の良い職場の事務員の方にはバレてしまうリスクがあります。そのため、なるべく在籍確認は避けたいと考える申込者が多くなりますが、大半の貸金業者では残念ながら在籍確認を実行していることが現状です。

 

しかし、実は一部の貸金業者であれば在籍確認を避けられるかもしれません。
その方法は、WEB完結という審査申し込み方法を行っている貸金業者になります。
WEB完結とは、審査申し込みから契約(または借入)まで完全にWEB上で完了する方法です。

 

スマートフォンやパソコンを所有している方で、インターネットに接続できる環境下であれば、特に難しい条件なく利用することができます。
WEB完結を利用する際に、対象の貸金業者に事前に電話連絡し、職場への在籍確認をやめて欲しい旨を伝えましょう。
そのうえで、対象の貸金業者が了解してくれれば、在籍を証明できる書類の提出が求められます。

 

提出書類は、社会保険証や給与明細書等で、スマホ等で撮影したうえで指定の方法で提出すれば、在籍確認を回避できます。
ただし、上記の方法はあくまで一部の貸金業者でしか対応しておらず、上記の方法で完全に在籍確認を避けられる貸金業者は消費者金融のモビットくらいしかありません。