「水商売」の方でも審査が通れば借りれます。

職種が水商売だからという理由だけで、お金が借りれないという規定は設定されてないと思います。業種として収入が不安定な点や転職率が高い点などは、過去のデータに基づいた与信基準上において減額となるケースはあります。

 

また水商売という職種を消費者金融の各企業の与信基準が、どのカテゴリーに分類しているかにもよります。「飲食業」として分類している企業もあれば、「風俗業」として分類している企業もあるからです。

 

与信基準では勤務年数や自宅が持ち家か賃貸かなども審査の対象になるのです。また、勤務先での電話による在籍確認等も審査上必要となります。大手の商社に勤務して3か月の方とスナックに10年間勤務されている方を比べた場合後者の方の方が信用度は高いと思われます。

 

頭から「水商売」だからと自分の職業に引け目を感じずに、一労働者として申し込まれてみてはいかがでしょうか。希望する金額が、50万円以下であれば提示する書類も免許証や保健証などで申し込めます。但し、他社での借り入れがあったり支払いの遅延があったりする場合は希望される金額を借り入れできなかったり借り入れできないケースもあると思います。

 

また「水商売」を経営されている方の場合は、確定申告書など収入を証明する公的な書類が必要になるケースもあると思いますので事前に消費者金融の問い合わせ窓口へ確認されてみてください。無人機の方が気楽に申し込めると思われがちですが、窓口で受け付けてくれる消費者金融もありますので納得いくまで相談されるのも一つの手段としてお奨めします。