銀行口座がなくても借りられます

社会人になったばかりですと銀行のメイン口座を持っていない方もおられるでしょう。でもそんな銀行口座のない方でもお金を借りることができる金融機関は多くあります。

 

銀行口座なしでお金を借りる手順としては、スマホやパソコンのローン会社のサイトから、借り入れの申し込みをします。するとその情報をもとにローン会社の審査が入り、それで問題がなければ契約となります。

契約手続きが済みますと、郵送や近隣のローン契約機でお金を借りるためのローンカードを受け取ります。そのローンカードを使用して金融機関やコンビニ等のATMで借入・返済を行うといった形になります。

 

このようなカードローンは銀行口座を持たないので、通帳記帳によって家族に借入がばれることもありませんし、ローンカードを無人契約機やローン契約機で受け取れば、申し込みをした当日でもATMで現金を借りることができるといったメリットがあります。

 

逆に口座がないので、その代わりにもなるローンカードの受け取りが必須となることや、口座の通帳記帳ができないので、紙面で借入・返済の現状・履歴確認ができないことはデメリットと言えるかもしれません。

 

初めてお金を借りる際には、上限額も限られたものになることが多いのですが、それであっても計画的な返済が大切です。簡単にお金を借りられる分、借りたお金には利息もついてきますし、それも含めた無理のない計画的な借入・返済能力が求められるのです。