しっかり仕事を行っていることを証明できれば大丈夫

フリーランスは一般的にカードローン、キャッシングを行う際に審査の段階で不利になってしまうとされています。これは金融機関や消費者金融業者が貸し出しを行う際、利用者に収入の安定性と同時に社会的な信用度も重要視しているからです。

 

そういった意味ではフリーランスという働きかたは給与を得ている会社員だけではなく、ワークスタイルによって長期間継続した収入を得づらくことからパートやアルバイトよりも審査評価が低く見られてしまうのです。

 

しかし、一口にフリーランスといっても業種はさまざまなものがありますから、借入先の信用を得られる収入を証明することができ、なおかつ今後も継続的な収入を確保できることを理解してもらうことができれば、充分に審査を通過する可能性が高くなります。

 

たとえば長年フリーランスとして収入を得続けていて、毎月一定の金額を得ることができていると示すことができればキャッシングやカードローンの利用可能と判断されやすくなります。ただし、フリーランスという不安定な立場上、どうしても上限限度額が低めに設定されてしまうことは理解しておいてください。

 

借入先から来る在籍確認ですが、自宅を職場としている場合は家に電話をかけてくることがほとんどですので、きちんとやり取りをすればほぼ問題ありません。また、収入証明書の提出は不要としている借入先であってもフリーランスを除く場合がほとんどなので、忘れずに書類を提出する準備をしておいてください。場合によってはお金の管理を厳しく確認されます。

 

多少入口は狭くなりますが、返済能力を認められれば審査は通りますので借り入れができます。