年金受給者でもお金を借りられるのでしょうか

日本の年金受給者は現在65歳以上の方達ということになります。多くの方達は仕事の第一線からは退いて年金生活をしておられる方がほとんどでしょう。

 

老後の資金を潤沢に貯蓄してあれば問題はないのですが、やはりなかなかそうもいかず年金受給者の方達もかなり経済的にきつい生活を強いられていることが多いようです。特に高齢ということもあり入院費や手術費など思わぬ費用が必要になる場合もありますが、そんな時にまとまったお金が工面できない場合、銀行ローンや消費者金融などのカードローンを利用できないか考える人もいることでしょう。

 

しかし現実的には年金だけが収入源で、毎月安定した給与などの収入がない場合には、銀行から融資してもらうことはほぼ絶望的だと言われています。仮に保証人を立てたとしても、家を担保に入れたとしても難しいのです。

 

ただし、消費者金融の場合には満69歳までは融資を受けることができるようなので銀行から融資を受けるよりは審査がやや緩いのでもし69歳以下でしたら消費者金融の利用を考慮してみると良いでしょう。しかし金利はかなり高くなってしまう可能性がありますので融資を受ける際にはしっかりと細かい点を確かめて納得してから借り入れるようにしましょう。

 

いくら最近の60代・70代の高齢者が元気だと言われていても、やはり借金の回収ができなくなる可能性が高いとみなされて融資してもらえないというシビアな現実があるので注意しなければなりません。