生命保険の契約者貸付制度

生命保険を担保にしてお金を借りることは可能です。
ただし借りることができる生命保険の種類は限られています。まず生命保険を解約した場合に解約返戻金がもどってくる契約に限られます。

 

契約者貸付制度といい、解約返戻金の7割から9割ぐらいの金額を借りることができると思います。
この契約者貸付制度のいい点は、お金を借りても借りたお金と利子を返済をすれば、生命保険の契約自体は有効のままになります。

 

お金がないから生命保険を解約した場合、お金は手にはいることになりますが、生命保険は解約をしたことになりますので、当然保障はなくなります。
同じ条件で生命保険に入りなおすという手段もありますが、契約者貸し付けが可能なぐらい解約返戻金がある生命保険ですので、当然ある程度の年数は加入していたことになります。

 

新たに加入する場合は、その時の年齢で加入となりますので、同じ条件の生命保険に加入をしようとしたとしても、保険料は今はらっている保険料より高くなる場合がほとんどだと思います。

 

もう一つのメリットはお金を借りる方法として、カードローンなどがあると思いますが、カードローンなどで借りた場合より貸付利率などが安い場合がほとんどだと思われます。

 

契約者貸し付けを利用する方法は、生命保険の証券番号をその生命保険会社に契約者貸し付け制度を利用すると連絡して必要な書類を記載、提出必要な書類(身分証明等)を用意して保険会社に提出するば手続きは完了します。書類等に不備がない場合は1週間ぐらいで貸付金が振り込まれてくると思います。

 

貸付金を返済したい場合は保険会社にその旨を伝えれば、銀行のATMやネットバンキングもしくは保険会社に持参するなど返済方法を教えてくれると思います。