ゆうちょ銀行でもお金借りられる?もちろんです

ゆうちょ銀行も名前のとおり銀行なので、もちろんお金を借りることができます。
いくつかのパターンがありますが、もしゆうちょ銀行に口座を持っていて「財形」「財形年金」「財形住宅」などの定期貯金などしている場合は「定額貯金を担保にした自動貸付」があります。

 

これは貯金残高の90%までの範囲で最高300万円までとなっています。利子は返済時における約定利率に0.25%上乗せしたものです。
財形関連の貯金が無くても総合口座があればお金を借りられます。これは「貯金担保自動貸付」とも呼ばれるもので、総合口座において、残高を超える払い戻しが行われた場合、自動的に不足分を貸し付けるものです。

 

よく銀行の総合口座に設定されているカードローンのようなものだと思えばよいでしょう。借りかたや返済方法もATMなどが利用できるところからもカードローンと同種と考えてよいのではないでしょうか。ゆうちょ銀行も民営化後は他の銀行とそれほど違わないのがわかります。

 

そのほかにも郵便局などで購入した個人向け国債・利付国債を担保にしてお金を借りることができます。 この辺はちょっと敷居が高いかもしれません。
驚くことに、ゆうちょ銀行には「個人向けのフリーローン」まで存在しているのです。ゆうちょ銀行のフリーローンは、自動車、結婚、教育、介護、スキルアップなど生活に応じた目的の各種プランを設けています。

 

このローンは目的に合わせて融資されるものですが、実は最近になって巷のカードローンといえる「したく」という個人向けフリーローンまであるのです。これはスルガ銀行とゆうちょ銀行との共同で運営されている個人向けカードローンです。
という風に民営化後のゆうちょ銀行は巷の一般銀行と同じように普通にお金を借りることができます。